友人の腸内環境が悪くなっていた原因と姿勢

友人の腸内環境が悪くなっていた原因と姿勢

友人の腸内環境が悪くなっていた原因と姿勢

今から数週間ほど前、私の友人の腸内環境がだいぶ変わってきたようです。友人は最初の内は食生活を疑っていたのですが、ある時にちょっと考え方を変えてみたようですね。全く別の事が原因で、その環境が悪くなっている事が発覚したようです。

 

お通じが悪くなり食生活を疑った友人

 

まず今から3ヶ月ほど前に、友人はちょっとお腹の調子が悪くなってきました。普段に比べるとお通じなどはあまり良くない状況だったので、普段の食生活を見直した訳です。食生活は、お腹の環境とは大きな関係があるからです。
それで友人は、乳酸菌なども色々と試したようです。ヨーグルトなども積極的に摂取するように心がけていたようですね。しかし何を行っても、どうしても友人のお腹の具合が良くなりませんでした。一体何が原因なのかが分からず、かなり悩んでしまっていたようですね。

 

姿勢を正したら腸内環境が良くなった友人

 

そのようなある時に、友人はインターネットで腸内環境に関する情報を色々と検索しました。その結果、意外なことが原因だと分かったようですね。
姿勢です
実は友人は、普段からあまり姿勢が良くありません。むしろかなり悪い姿勢でお仕事を行ってしまっていたようなのですね。その無理な姿勢がたたって、友人のお腹に対する圧迫感が発生していました。それでだんだんとお腹の環境が悪くなり、便秘がちになっていた事がわかったのですね
それで友人は、ちょっと背筋を伸ばすように心がけてみたそうです。その結果、だいぶお腹の調子は変わってきたようですね。ですので友人の場合は普段の食生活が悪いと言うよりも、むしろ背筋が悪かったのでしょう。
それを教訓に、友人は姿勢には気をつけるようになりました。このように食生活ではなく姿勢が腸内環境を悪化させてしまっている事があるので、ちょっと姿勢を正すように心がけてみると良いかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ