腸内環境を悪化させてしまう食品と悪玉菌のエサ

腸内環境を悪化させてしまう食品と悪玉菌のエサ

腸内環境を悪化させてしまう食品と悪玉菌のエサ

腸内環境を健やかに保つ為には、悪玉菌を意識することは必要だと思います。というのもその菌類が増えてしまえば、やはりお腹の環境は悪くなってしまう傾向があります。
そして悪玉菌が増えるかどうかが、普段の食生活に左右される一面もありますね。
まず知っておくべき点は、悪玉菌は何を食べているかです。悪玉菌も生きていますので、やはりエサは必要になるのです
どこからその餌を摂取しているかと言うと、もちろん私たちの普段の食事ですね。私たちが普段食べている物の中には、悪玉菌のエサになるものが多く含まれている場合があります。

 

肉類が腸内環境を悪化させる理由と悪玉菌

 

腸内環境を整えるとなると、肉はあまり良くありません。現に町内環境に関する情報サイトの多くでも、肉類はお腹の環境を悪くしてしまうと強調されている事が多いですね。
ではなぜ肉類がその環境を悪化させしまうかと言うと、それが前述の悪玉菌なのです。悪玉菌のエサの1つは、肉類なのですね。ですので普段から肉類5控えるようにすれば、腸内環境は善玉有利になってくれるでしょう。

 

タンパク質も悪玉菌を増やしてしまう

 

それと意外と見過ごせないのが、タンパク質ですね。それは非常に多くの食品に含まれていますが、やはりお腹の環境を悪くしてしまう事が多いそうです。
ただ正直、タンパク質を全く摂取しないのも現実的ではありませんね。栄養の偏りが発生してしまう事がありますので、かえって腸内環境が悪くなってしまう可能性もあります。全く摂取しないのは良くありませんが、過剰摂取は禁物という訳です
このように私たちが日常的に摂取している食品の中には、ちょっと悪玉菌のエサになってしまうものがあります。それを意識するだけでも、だいぶ町内環境が変わってくるのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ